岩手好きが集まる場所。渋谷道玄坂にある「イワテバル」に行ってきた

SPONSORED LINK







マッキー
こんにちは!
岩手県が大好きマッキー(@maki_nico88)です!

何を隠そう、岩手大学出身のわたし。
卒業して8年経った今でも、4年間過ごした岩手が大好きです。

あなたは大都会東京で集まる場所が渋谷にあることを知っていましたか?

わたしのような岩手好き、岩手にゆかりのある人が、集まる「イワテバル」。

先日、大学時代の友人とのプチ同窓会で訪れたのでご紹介します。




イワテバルの外観

イワテバルは渋谷の道玄坂にあります。

細い路地の中にあるので、ちょっと見つけにくいかもしれません。わたしも一度お店の前を通り過ぎました。

入り口のさりげなさで通り過ぎてしまったけれど、
主張しない入り口のお店、好きなんです。

中に入るのワクワクするので…。

宮沢賢治が来訪者のために書いていた言葉、「下ノ畑ニ居リマス」を思わせるこの黒板。


入り口からすでに、岩手の雰囲気を存分に感じます。

宮澤賢治の作品で有名なのが、「雨ニモマケズ」の詩集。

 

注文の多い料理店」は、小学校の教科書に載っていたので印象深いです。

 

岩手バルの内観

厨房を囲むようにカウンター席があります。こじんまりして、落ち着いた雰囲気です。

 

イワテバルは岩手ゆかりの人が集まるコミュニティでもある

岩手名物わんこそばがモチーフのご当地キャラ「そばっち」

カウンター席でよかったなあ、と思ったのは、スタッフさんや他のお客さんと気軽に交流できたから。

いつの間にかお客さん同士で盛り上がっていました。

聞けば、岩手出身の人もいるし、岩手の企業に勤めていて出張でこちらにきている方も…!

なんと、過去には岩手県副知事もご来店されたとか。自分では招待を明かさなかったらしいですよ笑。

 

岩手から仕入れたメニューが並ぶ

イワテバルでは岩手のお刺身など、岩手から仕入れた飲み物や食材がメニューに並びます。

 

マッキー
あー、このクラフトビールよく飲んだ〜!

とかもう懐かしいことこの上なし!一気に大学生時代にタイムスリップしました。久しぶりの味に感激!

ベアレン

飲み過ぎないように最後はサイダーを飲んでみた。
瓶のサイダーってなんだか懐かしくて、思わず写真に収めちゃう….。

 

マスカットサイダー

くずまきワイン
がある葛巻(くずまき)町にも、ボラのティアやスローライフを学びに、足を運んだな〜。懐かしい、、、また行きたい(切実)

ちなみにくずまきワインたくさん種類あるんですが、この「ほたる」は万人ウケする感じで外れ少ないです!わたしも好き。

大学時代帰省の時に両親にお土産にしていました。

まとめ

東京で岩手を感じる場所。いや、むしろイワテバルは岩手一色でした。
大学時代の友人に囲まれて、岩手県出身の方や、岩手が好き、岩手にゆかりのある人たちの交流が楽しかったです。

岩手の食材を、「ああ、これ当時食べた〜!」とかって思い出話にも華が咲きまくりました….。

岩手に興味を持った方はぜひ。
岩手の人ってとってもあたたかいのその雰囲気を感じて欲しいな…。

「イワテバル」のお店情報

住所
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂 2 丁目 20−5 2F

電話
03-6427-0516

営業時間
月曜〜土曜 18:00~23:00
日曜定休

The following two tabs change content below.

マッキー

旅するライター/ブロガー 100連勤社畜OLを辞め27歳から無計画でワーホリで海外へ。世界20カ国巡るほど旅好き。現在は国内外を移動しながら文章を使って仕事しています。引きこもりが苦手なのでセミナー・イベントを随時企画中。

SPONSORED LINK







▼この記事を各種SNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

旅するライター/ブロガー 100連勤社畜OLを辞め27歳から無計画でワーホリで海外へ。世界20カ国巡るほど旅好き。現在は国内外を移動しながら文章を使って仕事しています。引きこもりが苦手なのでセミナー・イベントを随時企画中。