【バンクーバーグルメ情報】ウィスラー発祥の『Purebread』ベーカリーカフェが魅力的で毎日行きたいくらい。

SPONSORED LINK







こんにちは、バンクーバーでワーホリ中のマッキー(@maki_nico88)です。

今回はわたしのオススメのバンクーバーのベーカリーを紹介します!

Purebread ピュアブレッド

住所: 159 West Hastings Street, Vancouver, BC 6B1H5

f:id:maki-journey:20161123123924j:plain

おしゃれな店内にはパンがいっぱい

店内に入ってすぐのカウンターがこちら。

見てください!この色とりどりのパンたち・・・❤︎

 

見てるだけで幸せ〜〜〜!ってなりますね。

20種類以上は常に置いてあるようです。こっちのパンって見た目からも想像つくけど、どっちりしてて食べ応えたっぷりなの。

ちょっと高いかなって思うのも、食べ終わると、満足感があって値段相応だな〜って何度も実感してます。

いかに、日本のパンが見た目を重視して、ふわふわ〜〜〜って膨張させられてるだけかってのがわかるよね。

まあ、日本は小麦の生産量が少なすぎるし、パン自体がコスパ悪いってのもわかるけどね。

なので、こっちでは地産地消で罪悪感少な目に(笑)

パンを食べることができます!←

でも、やっぱりたまの贅沢にしたほうが

体にはいいかな。

太るし、中毒性があるからね〜。

だからパン大好きなんだけど・・・

菓子パン、ケーキ、マフィン、ローフ、もちろん惣菜パンもあるので、

ランチにも良さそう。

店員さんの服装もかわいい

f:id:maki-journey:20161123124109j:plain

バンダナが似合う(●´д`●)メチャカワァー

イケメンの店員さん、

ブレた(笑)

友達はスコーン、わたしはマシュマロ!?ののったブラウニーを注文しました〜

これが、ヒット!

 

実は、次の日もバイト前に、ブラウニーを食べに行ってしまったくらい気に入りました。

ラズベリーチーズケーキブラウニーこれもまた、酸味が効いてて、美味しい。

バンクーバーのローカルカフェでは、ミルク、クリーム、はちみつ、砂糖など基本的にセルフサービスなので、

どのカフェにも大抵こんなセルフサービスようのスタンドがあります。

カフェで働く側からしても、

これがあるから助かる。

1杯ずつ持ち帰りのカップにフタをつけるのだって、朝の混む時間帯を

想像すると手間が省けるし。

ありがとうこのシステム!!!

タップウォーターもセルフなので、

コーヒーやお茶を頼まない時は、これで水分とれる〜。

一つ残念だのは、ここはベーカーリーがメインで

コーヒーにあまり力を入れてないので、

ドリンクにこだわる人には向かないかも。

ここのパンと、お気に入りのカフェのコーヒー片手に公園でほっと

一息なんて、素敵だな〜

最近雨降りすぎて、公園にすら行く気がおきないけど(笑)

夏までお預けですな。

カフェスペースの写真を撮り忘れてしまった!

20席くらいはスペースがあって、

窓際の席からは外の通りも眺められるし、オススメです。

女の子同士や、カップルできたいベーカリーカフェです。

もちろん、わたしのように、一人でフラって言って、

これからの人生どうしようかな〜、って妄想するにも良い場所です(●´∀`)

まとめ

バンクーバーで美味しいパンが食べたいなら、迷わず「ピュアブレッド」をオススメします。

たくさんの種類の中からお好きなものをチョイスしてみてくださいね。

 

 

The following two tabs change content below.

マッキー

旅するライター/ブロガー 100連勤社畜OLを辞め27歳から無計画でワーホリで海外へ。世界20カ国巡るほど旅好き。現在は国内外を移動しながら文章を使って仕事しています。引きこもりが苦手なのでセミナー・イベントを随時企画中。

SPONSORED LINK







▼この記事を各種SNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

旅するライター/ブロガー 100連勤社畜OLを辞め27歳から無計画でワーホリで海外へ。世界20カ国巡るほど旅好き。現在は国内外を移動しながら文章を使って仕事しています。引きこもりが苦手なのでセミナー・イベントを随時企画中。