オーガニック女子にはたまらない!カナダのスーパーマーケット「チョイスズ」を紹介!

SPONSORED LINK







こんにちは!カナダ在住のマッキーです!

食い意地のかたまりのような食生活を続けて早20数年。

お肉も乳製品も食べるし、ストレスがたまるとすぐ食に逃げちゃうような人間ですが、”オーガニック”の言葉にとても敏感です!

理由はナチュラルでイキイキしている感じがあるから♪自己満エコも実践してるよ。

洋服もなるべく自然素材を選ぶようにしているよ。この件について語りだしたら止まらないので、またの機会にじっくり…!

先日、バンクーバーのオーガニックスーパーの一つである

『Choices Market』に行ってきたのでレポートします!

 チョイスズマーケット『Choices Market』とは?!

1990年カナダで創業されたオーガニックスーパー。

現在バンクーバー市内を中心に10店舗展開しています。

チョイスズマーケット『Choices Market』はどこにある?

今回訪れたのはイエールタウン(Yale town)店です。

イエールタウンはダウンタウンから歩いて10分ほどにあって、おしゃれなレストラン、カフェ、バーなどグルメスポットはもちろん、セレクトショップなども点在する、バンクーバーの落ち着いた大人オシャレなエリアです。

営業時間は意外とながい!

店内入り口は、お花売り場も兼ねていて、明るい雰囲気でお出迎えしてくれました。

店内の様子

店内に入って、まず飛び込んでくるのはこのサラダバー!!

色とりどりの野菜、フルーツを自分好みにアレンジできます。

これだけの種類あるとテンション上がるよね〜。あー、目の保養❤︎

続いて惣菜コーナー。

手軽に食べられるサンドイッチやキッシュ、お寿司もあったよ〜

夜なので、少し値引きしてあるものもあり。

惣菜買うならカナダでもアフター7が狙い目ですね。

休憩スペースがあるので、

ここで惣菜やサラダ食べるってのもアリですね。

新鮮な野菜・フルーツがたくさん並べられている!

野菜・果物売場にはオーガニック商品がずらり。

値段も全体的には普通のスーパーとベラボーに高いわけではない印象でした。

農家さんの情報や農薬の有無、見た目などから自分で考えて食材を選ぶことが大切ですよね。

オイルやハニー類も普通のスーパーにはない銘柄が並んでて選びがいがありそう。

海外名物の量り売りコーナー

出ました!ナッツ類の量り売り。以前住んでいたオーストラリアでもオーガニックストアでは量り売りが当たり前だったなあ。

日本は基本的になんでもパックされていますよね。日本で量り売りの楽しみが味わえないのが寂しい…。

シリアルたち。

カナダの名産のメープルシロップも種類が豊富〜あ、カナダにきて結構ショックだったのがメープルシロップが安くないってこと(笑)

日本で同じ製品を買うよりは確かに安いけど、水のように安く買えるのかなって勝手に思い込んでたのでショック大でした…!

オーガニック洗剤の種類も豊富!

洗剤コーナーも、ここに来ればナチュラルなものが見つかります。普通の洗剤も併売されていて、選択肢が与えられているのがいいですね。

これはびっくりカーボン仕様!エコ容器ですね〜

 

コスメもオーガニック!

嬉しいことにここのスーパーは化粧品やサプリメントコーナーも併設していて品揃えもかなり充実しています。

せっけんのパッケージとかカラフルで可愛いですよね。日本だとここまで品揃えがあるのは珍しい。

やはり海外のオーガニック製品はパッケージも可愛くてテンション上がりますね。

日本だと地味で質素なイメージのものが多いけど、カナダではデザイン・パッケージまでこだわっていて、キュンキュンするアイテムにもたくさん出会えます!

リサイクルボックスも充実

出口には、リサイクルボックスが設置してあります。スタイリッシュですね。日本のスーパーにあるのとは大違い…!

行くだけでもテンションが上がる(わたしだけ!?)オーガニックスーパーオススメです。

 

カナダのオーガニックスーパーを訪れた感想

オーガニックスーパーの商品ってどうしても普通のスーパーと比較すると価格が高い…ですよね。

だからこそ、普段スルーしているようなことを立ち止まって考えるよいきっかけになっています。

  • なぜその価格なのか
  • 産地を確認
  • 商品の成分表を確認

 

ちょっと値段は張るけど、不健康な生活をして、将来病気になって高額な医療費を払うよりは安く済むかもしれないですよね。

ちょっと高い商品を買うのをためらってしまったときにじぶんの心の中で自分自身に話しかけています。

カナダでには気軽にいけるオーガニックスーパーが街にいくつも点在しているのが、日本と違いますね。

並べられている商品のデザインも日本よりもカラフルで可愛らしくて気分が上がりますよ。

 

 

The following two tabs change content below.

マッキー

旅するライター/ブロガー 100連勤社畜OLを辞め27歳から無計画でワーホリで海外へ。世界20カ国巡るほど旅好き。現在は国内外を移動しながら文章を使って仕事しています。引きこもりが苦手なのでセミナー・イベントを随時企画中。

SPONSORED LINK







▼この記事を各種SNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

旅するライター/ブロガー 100連勤社畜OLを辞め27歳から無計画でワーホリで海外へ。世界20カ国巡るほど旅好き。現在は国内外を移動しながら文章を使って仕事しています。引きこもりが苦手なのでセミナー・イベントを随時企画中。