バンクーバーでの就活、第2弾!映画館仕事に応募し、日本での就活デジャブ。

SPONSORED LINK







 

カナダに来てそろそろ3か月のちゃんまきです。

 

 

 

え、わたしのカナダワーホリ4分の1が終了!?

 

早い、早すぎる。

 

カナダもオーストラリアみたいに、

セカンドビザ制度作って欲しい、

それか日本人も1年以上いられるように

ビザの内容改正されればいいな。

 

 

8月末にバンクーバー入りしてから、

「自分は田舎が好きだから!」と公言して、

ウィスラーやカルガリーに住もうと意気込んで、現地に足を運んで

トライしてみて、

結果、消去法でバンクーバーに戻ってきた。

 

そんな、ふと舞い戻ったバンクーバーだけど、

”住めば都”で、日々好きになっていく。不思議なもんだ。

 

 

 実は、地味〜に就活してます。

今持っているカフェバイトはパートタイムなので、

週3〜4日しかシフト入れません。

なので、暮らしていくためにもう一つ仕事が必要です。

 

いや、お金のこと考えたら、タラタラしてられないんだけど、

オーストラリア時代のように、”カナダに稼ぎに来てます!”って

人が身近にいなくて影響されないので、今はあんまりガツガツしてません。

 

ただ、カナダのビザが切れた後、少し旅に出たいと思っているので、

そのための資金は必要なので、カナダで貯金をしないといけないのは現実。

 

 掛け持ちしたい理由

1番の理由は、

飽きるから。

 

ですね。

 

農業などの季節ジョブと違って、シティジョブって

シーズン感が薄いんだよね。

 

今のカフェでさえ、まだトレーニング中のペーペーなのに、

ルーティーンに飽きた感が出始めているし。

 

なので、少しでも心の刺激を保つため、

今回は掛け持ちしていきたいのよね。

大変なことはあるけど。

 

 

 

で、

 

 映画館のバイトの面接を受けた!

 そういえば、映画館でバイトすれば、映画ただじゃん!って思いついて、

WEBから応募したら、1週間ほどで、マネージャーから電話かかってきて、

面接になった。

 

 

なんだけど、

まさかの、

 

グループ面接!!!( ゜Д゜;)!?

 

海外で初体験だったよ。

 

人数は12〜3人程度だったんだけど、

最初に軽く、会社の説明とペアを組んで、他己紹介した後、(ここで既に超緊張!)

グループディスカッションしたの。

 

え、日本の就活再び!?

って感じで、

3人グループを作って、

模造紙に答えをまとめるってやつ。

 

 

お題は

 Guest と Customer の違いは?

 

に、似てる!

似てるじゃん!(´・ω・`)

 

 

しかも、わたし以外で面接に来てたの、ネイティブたちだし、

お題すら聞き取れなかったw

 

Gas とCustomer って聞き取れて、

え、映画館でガス使うの?とか

一人で焦ってた(笑)

 

話し合い中に、マネージャーがチェックボードみたいなの

持って、各グループを回るんだけど、

なかなか、英語だし、発言もままならなくて、

心の中では、

『オーマイガー!とりあえず、トライだ、トライ!良い経験!』

と若干開き直ってた。

 

最後に、みんなに向かって、グループの回答を発表したんだけど、

わたしは、模造紙を持つ係に徹したwww

 

 

そのあと、アプリケーションフォームを記入。

と言っても、どの時間に働けるかって質問だけの用紙だった。

 

そして解散。

 

 

後日、再度面接の案内がきて、

今度は個人面談。

グループ面接のときとは違う女性の方が対応してくれた。

 

 

 

パーソナリティを探る質問をいくつか受けた。

①映画館でポップコーンにかけるバターは無料ではなく有料だけど、

 そのことに怒り出したお客さんがいた場合、あなたならどう対処する?

 

②ある両親がシネマのベビーシッターサービスを利用して、二人で映画を予約しようとしたが、あいにく希望の日程はすでに予約で埋まっていた。この場合あなたならどう対処する?

 

③あなたは晴れの日と曇りの日どりらが好き?その理由は?

 

 

しどろもどろになって、英語のグラマーもぐちゃぐちゃだったけど、

必死に回答した。

 

 

こういう時でも、「あー、こいつの英語まじわっかんね〜〜〜」って

顔に出さずに対応してくれるのは、やはりカナダ人だね。

好きだよ、そゆとこ、本当に。(´;δ;`)ううう

 

 

最後に、働ける時間帯を一緒に確認した時に、

映画館では、夜に特に人出が必要と言われて、わたしの希望時間では

少し不満のようだった。

 

 

最後のシフトは0時を超える。

日によって最後のシフトも終わる時間が違うと回答もらった。

 

面接前にここは話をしようと思っていたところだ。

わたしの中では、遅くても、0時が限界。

働きたいけど、ここは譲れないポイントだったので、そのまま伝えた。

 

 

ここで、面接は終了。

結果は1〜2日で通知するとのこと。

 

 

結果

残念ながら、落ちました。↓↓↓ショボ─(o´・ェ・`o)─ン↓↓↓

ご丁寧にも、電話とメールで返事してくれて、

まさに、日本での就活時のお祈りメール再び感があった。

 

 

今回はご縁がなかったけど、

海外で、バイト面接でこんな形式的な

THE面接、みたいな体験をするとは思わなくて、

良い経験になりました〜。

 

 

なので、まだ就活続けてます。

 

クリスマス需要にうまくひっかけて、

ご縁があるといいな!FIGHT―(・ロ・)乂(・ロ・)一発!!!!

 

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(カナダ)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

SPONSORED LINK







▼この記事を各種SNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です