海外で映画鑑賞|バンクーバーの映画館は火曜日がお得

SPONSORED LINK







f:id:maki-journey:20170718151240j:plain

海外でも映画観賞を楽しんでいる マッキー(@maki_nico88)ですヾ(´∀`○

バンクーバーダウンタウンから20km圏内には、映画館が15か所ほどあります。

火曜日はこれらの映画館どこでも週に一度のサービズデーで特別価格で映画見られます!いえい♪

映画館によって若干値段変わるけど、火曜日は6〜8ドルが映画1本の相場。

今回はわたしがよく行く映画館をご紹介。

 

Cinepiex  (シネプレックス)@インターナショナルビレッジ

住所:88 West Pender, 3rd Floor,Vancouver, BC, V6B 6N9 

stadiam-chinatown 駅近くにショッピングモール「international village」内にある映画館です。

ショッピングモールの3階が映画館になってる。

チケットは窓口で購入してもいいし、 時間短縮には、券売機がオススメ!

 券売機の使い方

①見たい映画の画像を選択

②希望の上映時間を選択

③希望の枚数を選択

④カードで購入

⇨券売機から出てきたチケットを持ってそのまま、入場口へGO(0゚・∀・) 

f:id:maki-journey:20170120161014j:plain

事前にネットから予約・購入を済ませて、

取得した番号を入力して、チケットを受け取ることも可能!

便利っていいね。

人間の仕事どんどんなくなってる実感あるね!

「 MOANA」の感想

今回見たのは、ディズニー映画の「MOANA」

歌も、映像も美しくて、好きだなあ。もう一度見てもいいくらい。

足首が細くない主人公の女の子にとっても親近感(笑)

フラダンスしてるから足首細くないのかな?舞台はハワイなのかしら〜?なんて考えてた。

日本だとビジュアル面ではあんまり好まれないかもしれないけど、こういうのも全然あり!ってか、美しい!そして、今すぐ南の島に吹っ飛びたい!

カナダに永住したいって子が周りにちらほらいるけど。。。

どうせ、永住目指すなら、日照時間長くて、あったかい国がいいんじゃないかって

考えてしまう!

カナダも好きだけれども、バンクーバー、ウィスラー、カルガリーの雰囲気しかわからないので、東側も行ってみないとね〜

「LION」の感想

そして、昼だけに飽き足らず、夜はもう一本の映画、「LION」を見た。

インドからオーストラリアへ養子へ行った男の子のストーリーで実話がベースになっている。

なんと、映画内での彼の養子先が、オーストラリアの『タスマニアだったの!!!*。ヾ(。>v<。)ノ゙*。

昨年オーストラリアのワーホリで一番長く滞在した思い入れのある土地。

現地で撮影したシーンもたくさんあって、わたしも実際見たことのある風景が映画の中に広がって、嬉しくなった。

改めて、客観的に見て、タスマニアは美しい場所だ〜〜〜!

それにしても、日本での海外映画の公開日ってめっちゃ遅いのね。

日本と海外の映画公開日を比較

 Moana 

カナダ公開:2016年11月23日

日本語タイトル「モアナと伝説の海」

日本公開:2017年3月10日

その差、3か月半!!!

LION

カナダ公開:2016年11月25日

日本語タイトルLION/ライオン〜25年目のただいま〜

日本公開:2017年4月7日

その差、4か月半!!!

だから、大作のハリウッド映画は

世界同時公開!バババババん!

って、強調されるわけね( ̄◇ ̄;)

次回は違い映画館も行ってみようかなって。

今回の映画館は日本みたいに、全席指定じゃなくて、

先着順。

夜の映画の時は、混んでいて、上映時間が迫ると、なかなか二つ続きで空いてる席を見つけるのが難しくて、カップルが右往左往してる姿も結構あったの。

でもそこはさすが、カナダ!「そこの席空いてますか〜〜〜?」ってみんな気軽に聞くよね。

わたしも「空いてますか?」って聞いて同じく一人で映画見に来てた女の子が

「空いてるわよ〜、今荷物どかすわね〜」って優しく答えてくれて、嬉しかったな〜。

でも、上映開始から間もない映画で、混雑が予想されても全席指定にしないとこが、

カナダのゆるさというか、日本のがレアなのか。

あと、写真撮れなかったけど、劇場の中央部に、

バリアフリー用の席があってスペースもゆったりだし、車椅子の方も気軽に来れる環境ながあった。

日本だと見たことなかったから。日本でもあるのかな?

ちなみに今のわたしの英語力だと、字幕なしの映画の理解度は、

映画にもよるけど、50%〜70%くらい。

今回の二つだと、理解が難しいのは、明らかに『LION』。

MOANAは女の子が主人公で、歌のシーンも多いから、ゆっくりはっきり発音してくれる場面があるし、子どもが見ても面白いように作られているから、理解度は70%に近い。

一方LIONは主人公が男の子で、声が低くて、シーンによっては早口でわからない。

とりわけ、ニコールキッドマンが主人公に語りかけるシリアスなシーンは、早口で口も大きく開けないし、大事なシーンだったから、理解したいんだけど、お手上げだった(⊙д⊙)(笑)

彼女はオーストラリア出身だし、やはりオージー英語は難しいのか・・・

これを70〜90%に上げられたら、映画見るのもっと楽しくなるね!

じぶんの英語レベルをチェックする良い機会にもなるので、海外の映画館での字幕なし映画鑑賞、 オススメです!

では!!ヾ(´・∀・`)ノ バイチャ

↓ ポチッと応援のワンクリックをしてくれたら嬉しいです(*´ω`*)

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

SPONSORED LINK







▼この記事を各種SNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です