夏のイエローナイフでオーロラ鑑賞「ナヌック・オーロラツアー」に参加

SPONSORED LINK







こんにちは、カナダに滞在中のマッキー(@maki_nico88)です。

今回は長年の夢だったオーロラを拝みに、8月31〜9月3日までイエローナイフまで行ってきました!

カナダのイエローナイフってどこにあるの?

ざっくり言うと、カナダのど真ん中よりちょっとだけ北にあります。
人口2万人弱の小さな街で、この地域は冬はマイナス30〜40度にも冷え込むところ。

イエローナイフにはオーロラ観測を目的に世界中から観光客が訪れるんですが、それもそのはず!この地域はオーロラベルトの真下に位置するため、オーロラの出現率はとても高いんです!

 

夏でもオーロラって見られるの?

Copyright (C) 2016 Nanook Aurora Tours

わたしも半年前まで同じ疑問を持っていました。夏はオーロラシーズンじゃないだろうと…。

結論から言うと、夏でもオーロラは見られます!。雪や雨で見えにくい時期はあるものの、オーロラは年間を通して出現しているため、オールシーズンで観測が可能なんです。

観測地点がカナダやヨーロッパの寒い地域のイメージがあるためか、”オーロラ=冬に見えるもの”と思われがちですが、実は年中観測できます。

夏に行くと湖が凍っていないので、オーロラが湖面に反射した姿を写真におさめることもでちゃう♪

 

わたしの参加した鑑賞ツアーは「ナヌック・オーロラツアーズ」

NANOOK AURORA TOURS

友人のブログで見つけたこちらのツアー。日本人向けのオーロラ鑑賞ツアーで口コミで大変人気と言うことを聞いて興味が湧いたので、3ヶ月前の6月に早速予約状況の確認の連絡をしたところ…なんと9月上旬のツアーはかなり埋まってきているとのこと!

マッキー
そんなに人気なら良質なオーロラツアーに違いない!
なんとか日程を調整して夏のツアーへの参加が決定!

 

オーロラを車で追いかける!

オーロラ鑑賞には大きく2つのスタイルがあります。

  1. ティピ(円錐形テント)や車を停車し拠点に留まって観測する
  2. 車で場所を移動しながら観測する

わたしが今回参加したのは2.のスタイルです。今回は3泊4日の日程で連続3晩ツアーに参加。15人乗りのバンにわたしを含め9名の方と一緒に移動しました。

この”移動しながらオーロラを追いかけるツアー”はここ数年ではイエローナイフでも多くのツアー会社が実施しているものです。実はこのツアースタイルの先駆者が今回ガイドしてくださった大塚さんです。

大塚さんは約20年前にワーキングホリデーでイエローナイフにきたことがきっかけで、そのツアー会社で実績を重ね、現在「ナヌック・オーロラツアーズ」を経営されています。

「ナヌック・オーロラツアーズ」人気の秘訣

ナヌック・オーロラツアーが人気の理由は何と言っても、ガイドの大塚さん(写真右)のツアースタイルにあります。大塚さんは英語では”オーロラハンター””オーロラチェイサー”と呼ばれており、その名の通り、オーロラをとことん追いかける人です(笑)

車で移動するスタイルは他のツアー会社でも実施していますが、だいたいツアー時間を5時間などと設定していることがほとんどです。例)PM10時〜AM3時

オーロラに対する熱量

3日間のツアー遂行時間は以下の通りです。

  1. 8月31日 22:30〜4:00
  2. 9月1日  22:30〜2:30
  3. 9月2日  22:30〜3:00

これを見てわかる通り、大塚さんのツアー遂行時間は全てその日のオーロラ次第!オーロラがこれ以上見られる見込みのない日は早めにひきあげるし、まだまだ見られそうなら夜明け近くまで粘る日もあるほど。

確かな経験と知識でオーロラを見逃さない

オーロラは自然物なので、その一瞬を逃したら二度と同じものは見られません。大塚さんは、ネットでの天気やオーロ情報をチェックすることもしますが、あとは運転席に座りながらひたすら空を見て、雲の流れやこれから大きくなりそうなオーロラをいち早く判断して、そのスポットにハンドルを切ります!(いざオーロラを見つけたら加速しますw)

10年以上に渡る経験と知識をフル動員して参加者をベストスポットへ導いてくれます。

アットホームなツアーの雰囲気

大塚さんはとても気さくな方で、オーロラの知識からオーロラに普段の生活い関する面白いお話まで、終始参加者と交流してくださいます。日本からわざわざこれのために毎年参加するリピーターさんたちがいるのも納得ですね。

休憩時間には、大塚さんの奥さん手作りのパウンドケーキと温かい飲み物で、参加者同士の会話も弾みました。

 

実際の目にしたオーロラは….

“マッキー”
こ、これは….!
“マッキー”
白い….!

これが人生で初めてオーロラを目にしたわたしの最初の感想です(笑)

ネタバレになりますが、肉眼でみる小さいオーロラは天の川を濃くしたような、薄い雲のような色をしています。オーロラと雲が近くにいるとどちらか最初は見分けがつかなかったです(笑)

ベテランの参加者の方に聞いたところ、「星が透けて見える方がオーロラ」だよ、と教えてくれました^^

写真でみると、緑と赤などの色が鮮やかですが、それは写真でみるからこそでる色なのです!

その事実に少しテンション下がり気味のわたしでしたが、そのあとは感動の嵐でした。

 

爆発したオーロラは想像以上に美しかった

Copyright (C) 2016 Nanook Aurora Tours

確かに肉眼でみると、全体的に白っぽいオーロラですが、爆発した大きなものは別格です。

爆発したものは地上に向かってオーロラの筋が伸びていきます。届きそうな距離にうごめくオーロラが近づいてくる。肉眼では難しいと思っていた緑や赤色もうっすらわかるほどに。

Copyright (C) 2016 Nanook Aurora Tours

ドレスの裾が踊っているような、金魚の尾びれが揺れ動いているような、優しく力強い光が空を彩った瞬間でした。自然物なのに、SF映画のワンシーンのようなその情景にカメラを手放して、うっとりと酔いしれました。

“マッキー”
この世のものとは思えない情景!これはすごーーーい!

オーロラにハマって毎年ツアーに参加する人の気持ちが理解できました。

肉眼と写真では違って見えるオーロラ。同じものなのに違った形で楽しむことのできて、むしろ一度に二度美味しいです。

 

まとめ

Copyright (C) 2016 Nanook Aurora Tours

人生で一度は見てみたいと思ったオーロラをこの目で見ることができました!最初は予想と違ったオーロラの姿にちょっとがっかりしたけど(笑)爆発したオーロラは言葉では表現できないほど美しかったです。費用は決して安いものではないので、当初躊躇していたんですが….来てよかったーーー!オーロラハンター大塚さんのガイドあってこその情景に出会えました!とっても満足です、ありがとうございましたー!

次回は極寒の中でのオーロラもぜひ体験してみたいな♪

SPONSORED LINK







▼この記事を各種SNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です