カナダで月間120万PVのプロブロガーヨスさんに初対面してきたよ

SPONSORED LINK







こんにちは、カナダのバンクーバー在住のマッキー(@maki_nico88)です。

先日、いつものようにブログサーフィンしていたら、プロブロガーのヨスさんがカナダにホームステイに来られていることが判明。

しかも、バンクーバーからフェリーで約2時間、飛行機で約30分でいける、バンクーバー島のビクトリアに滞在しているとのこと。

プロブロガーさんで、海外移住を検討されている方のお一人でもあるので、海外在住でブログで収益をあげて行きたいわたしにとって、ヨスさんの動向はとても気になるところでした。

 

プロブロガーヨスさんとは

https://yossense.com/

  • 香川県在住の月間120万PV達成のプロブロガー
  • 主夫として3人のお子さんを育てている
  • 地元が好き
  • デザインやイラストが得意
  • 元ウェブショップ店長でパソコン知識が豊富
  • ブログを学べるオンラインサロンを運営している
  • 海外留学経験あり
  • 日本語教師資格保有者
  • 海外移住を目指している
  • バセドウ病の克服経験あり
  • タバコが大嫌い
  • 夫婦別性の実践者
  • ジェンダー論に熱い

とにかくマルチな才能・知識の持ち主です。ヨスさんのブログをみていただくとわかるのですが、ブログ記事テーマも多岐に渡っています。

よく、そのブログを初めて訪れた人向けに、”はじめに読んでほしい◯記事”というのがありますよね。ヨスさんのブログにも漏れなくそれがあるのですが、その10記事だけでは全く収まらないほど、記事のストック数とバラエティーに飛んだ記事がたくさんあります。

そして、ヨスさんのブログって読んでいてとっても心地がいいんです。

ヨスサンご自身も言われていることですが、教えるのが好きで得意だけあって、本当に記事内容が分かりやすくて、読者目線ファーストの実践者です。痒いところに手が届く記事が多いです。

小学校の教師をしている友人から聞いた言葉で、「難しいことを難しく教えるのは簡単」、「難しいことを誰にでもわかるように簡単に教えるのは難しい」というフレーズがありました。

ヨスさんは完全にこの会話でいう後者タイプのブロガーさんで、小学校1年生の担任の先生のような感じで、読者目線に特化した記事を書いておられます。

おもきってヨスさんにコンタクトをとってみたら…

おもきってヨスさんにお会いしたい旨を伝えたところ….
何と快諾のお返事が!

北米限定のレアなポケモンをゲットするという重要任務があるにも関わらず….
優しすぎる!!!

 

ヨスさんの第一印象

ブログではズバッと自分の意見を主張するヨスさんですが、ブログでお見かけしてた写真での印象以上に、穏やかで優しい方で、初対面のわたしにも終始質問を投げかけてくれたため、リラックスしてお話できました。

 

ヨスさんが海外移住を目指す理由とは?

ヨスさんは現在海外移住を視野に入れて、行動されています。日本社会に一石を投じているヨスさんらしい考えですよね。

「海外移住は子どもたちのためですか?」と質問したら、それも含めて「じぶんが行きたいから」とおっしゃってたヨスさん。じぶんが心地よい方に行動するのって良いですよね。

ヨスさんの目線から語られる海外生活…..ぜひのぞいてみたい!

 

英語学校経営者のタイラーにも出会えた

今回の旅でヨスさんと行動を共にしていたのが、香川県内9箇所で英語学校(シナジー英会話)を経営しているカナダのビクトリア出身のタイラー(写真左)です。

 

2004年から日本在住で、香川県で奥さん、3人のお子さんと暮らしています。ヨスさんと並んでも風格バッチリですが、実はヨスさんより10歳ほど年下というタイラー、つまり…わたしとほぼ同い歳〜(゜∀゜) だけれど、安定感・安心感があって、とってもフレンドリーですぐに打ち解けました。

ヨスさんとの対談記事にも登場しています。

なぜ日本人は英語が話せない? カリスマ英会話教師と対談してきた

タイラーからみる日本の教育

タイラーは実は日本語ペラペラな上に、香川の方言である”讃岐弁”も操るツワモノです。教育学を専門に学んでいるタイラーからみると、日本の義務教育、小〜中学校では素晴らしい面もある!という発言が印象的でした。歴史の勉強など他国と比較して質の高い教育を教授できる部分があるそうです。

ただし、中〜高校と年齢が上がるにつれて、”寝ても冷めても部活”のように子どもたちが学び・成長すべき機会が減っていく。

確かにわたしの中〜高校時代を思い返しても、部活第一優先で週末も試合などで潰れていましたし、部活の疲れで授業も集中できてなかったなー。その点、カナダの同世代の子達って、大学に進学している子でも、中・高校時代から部活のようにクラブ活動もするけど、アルバイトやボランティアを経験している子がほとんど。早い段階から社会との繋がりを持ってその一員として活動経験を積んでいる子が多いです。

タイラーにもっと突っ込んでこの辺りを聞いてみたいことあるので、ぜひまたお会いしたい〜!

 

やはり一人旅ほど身軽な旅はない

今回は、これからいざ日本に帰国するぞ!というヨスさん御一行を空港でキャッチしたのですが、ヨスさんファミリー(ヨスさん、奥さん、お子さん3人)、タイラー、小学生2名という大人3人・子ども5人というグループ旅行だったため、その場は子どもたちいっぱいでてんやわんや(笑)慣れない海外旅行、好奇心旺盛の小学生の子どもたち、英語環境、予期せぬハプニング…などでちょっとお疲れ気味の様子でしたが(笑)ヨスさんのお父さんの顔を垣間見ました。

やはりひとり旅ほど気軽なものはないですね。一人たびスタイルに慣れすぎてしまったわたしからは新しい視点でした。

ヨスさんに次回あったら聞いてみたいこと

実は今回、ヨスさんとのタイムリミットは90分。しかも空港のチェックインカウンターで荷物預けるために30分ほど並んでいたのでバタバタでした。

ブログももちろんなのですが、ぜひ次回は差別・ジェンダーについても突っ込んで聞いてみたいですね。最近気になるテーマですし、ヨスさんは日本では数少ない夫婦別性実践者ですからね。

あと、海外のこと、英語のこと、香川のこと、バセドウ病のこと、子育てのこと…..ってやっぱり選べないかも(笑)全部聞いてみたいし、わたしの意見もぶつけてみたい!讃岐うどんすすりながらお話するのが目標です!

 

ヨスさん、タイラー、ヨスサンファミリーのみなさん、キッズたち、貴重な時間をありがとうございました〜!ぜひまたお会いしたいです。

できれば自然豊かでうどんの美味しい香川で!

 

 

SPONSORED LINK







▼この記事を各種SNSでシェアする▼

2 件のコメント

    • Hi Tyler ! Thanks for your comment:)
      I was so happy having a good conversation with you!
      I hope we’ll meet again in Kagawa with Yosu;) Cheers.

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です