海外でも化粧水を使いたい方必見 簡単な手作り化粧水のレシピを紹介

SPONSORED LINK







こんにちは、海外在住3年目のマッキー(maki_nico88)です。

海外にきてから、日本で愛用していた化粧水が手に入らなくなったので、海外で買えるものはないかと薬局を巡る日々を過ごした時期がありました。

海外の薬局にいったことがある人は、気がつくと思うんですが、化粧水の種類の少ないこと….

欧米人は化粧水を使う人が少ない

欧米人って化粧水使わない人が多くて日本より需要が少ないため、薬局などでの取り扱いがとても少ないんです。

カナディアンのモチ肌の同僚の女の子にスキンケアについて聞いたところ、

シャワーを浴びた後も基本的には何も顔につけないよ〜。乾燥が気になる時だけ、目元、口元とかポイントのみにフェイスクリームを塗るだけだよ〜。

 え、それだけ?なのにそのモチ肌…ずるい!

化粧水って必ずしも必要じゃないのかも…とショックを受けた瞬間でした。そこで、郷に入れば郷に従えってことで化粧水以外のスキンケアを色々試してみました。

  • 化粧水なし
  • ココナッツオイル
  • アロエクリーム
  • アボカドクリーム
  • オリーブオイル    etc

そんな化粧水難民のわたしは、結局一周回って、じぶんの肌には化粧水があっているなという結論に至りました。

そこでたどり着いたのが、化粧水売ってないなら、じぶんで作っちゃおー!ということです。今回は、初心者にも簡単に作れる「グリセリン化粧水」のレシピを紹介します。

 

「グリセリン化粧水」材料はこれだけ

  1. 化粧水容器(100均とかのでOK)
  2. グリセリン
  3. 精製水
  4. アロマオイル(お好みで)

※ 2〜4も薬局で簡単に手に入ります。

作り方

きれいに洗浄した容器を用意します。耐熱素材であれば、熱湯消毒したものだとより殺菌効果が高くてベター◎

1、手をせっけんでよく洗う

2、下記の材料を容器に入れる

グリセリン5ml

・精製水 100ml

(グリセリンと精製水が1:20の比であればOK。もう少し保湿力が欲しいな…と思った人はグリセリンの量を多めにして調整してください)

グリセリンを容器に入れる

(※わたしは以前使っていた化粧水の容器使い回ししてますw)

次に精製水を入れる

3、よく混ぜ合わせる

シェイク、シェイク!!!

精油を使い人は、シェイクする前に3〜4滴容器に垂らす。

使用方法

市販の化粧水と同じように、手やコットンにとって肌になじませてください。初めて使用する人は、いきなり顔に使用せず、腕など化粧水を少しつけて異常がないかどうか、パッチテストしてください。

保存方法・注意点

・市販のものと違い、防腐剤が含まれていないため、雑菌が繁殖しないように1週間程度で使い切ること。冷蔵庫で保管するのも◎

・肌に合わないなと感じたり、肌に異常を感じたらすぐに使用をやめる

わたしは、今のところ肌に異常なくこの手作り化粧水を使っています。

普段ナチュラルやオーガニックなものを好んで愛用しているわたしですが、肌に異常をきたしてまで手作りにこだわる必要はないと考えています。じぶんの肌に合うものをストレスなく使うことが大切だと思います。

手作り化粧水のメリット

  • 市販品と比較してコストが安い
  • じぶんの肌にあった材料を調合できる

手作り化粧水のメリット

  • 雑菌の繁殖に気をつけなければならない
  • 材料の調合次第ではじぶんの肌にダメージを与える可能性もある
  • 作るのに手間がかかる

メリット・デメリットそれぞれありますので留めておいてください。手作りしてみたいな、と思う方は材料は薬局で簡単に手に入るので、じぶんのオリジナルの化粧水作りにチャレンジしてみてくださいね!

↓ ポチッと応援のワンクリックをしてくれたら嬉しいです(*´ω`*)

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

SPONSORED LINK







▼この記事を各種SNSでシェアする▼

1 個のコメント

  • 偶然、私も同じレシピの化粧水作ってるよ!水はヤカンで沸かしたやつだけど。
    クリームは近くのアフリカンストアで買ったシアバターとグレープシードオイルで作ってます♫

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です