動物との共存を目指すカナダのアイディアに感動。

SPONSORED LINK







日々、気持ちの良いカナダの夏を感じています。

こんにちは、マッキー(@maki_nico88)です!

先日、オーストラリア時代の友人が日本から旅行に来るということなので、

一緒にウィスラーに住んでいる共通の友人、えりこちゃんを訪ねました〜!

 

見てください

この透き通るような空の青白い雪とのコントラスト!

https://www.instagram.com/p/BV2wplxBbbB/ https://www.instagram.com/p/BV22S2nhAxE/

はー(´Д`) =3 ハゥー、美しさにため息。。。

天気に恵まれて、もう最高でした!

ぜひぜひ、

バンクーバー在住の留学生・ワーホリメーカーは時間を見つけて、

そして、天気予報をチェックして←ここが唯一にして最重要ポイント!

ウィスラー・スコーミッシュ方面に遊びに行って見てね。

バンクーバーの大都会からバスでたった2時間で、

自然いっぱいの別世界に行けますよ〜♪

超ラッキー⭐︎こぐまに遭遇!

それは突然に目の前に現れた。

山のハイキングを終え、

湖の周りを散歩しようとウィスラーの山をリフトで下っていた時に、

小さなむくむくとした姿を発見!

んん?

あれは、

クマーーーーーーー!!!

 Σ(゚□゚(゚□゚*)ナニーッ!! 

女子4人で、リフトの上から大興奮!

そして、さらにラッキーなことに

そこから連続て違うこぐまにも遭遇!

ものの数分間のあいだに、

3頭の子グマを目にすることができたのです。

感激せずにはいられず、

大興奮の下山となりました。

f:id:maki-journey:20170630084758j:plain

↑リフトのっている時は危なくて4人のショット取れなかったので・・・w

クマのためにベリーを植えるウィスラーの行政

f:id:maki-journey:20170630122636j:plain

子グマは可愛い(*´I`*)

でも

”クマ=恐ろしい・凶暴”

というイメージもありますよね。

実際にクマと遭遇して命を落としたという人もいますし。

命まで落とさなくても、

クマを始め、山にいる動物が人間の暮らす里に降りてきて、

畑を荒らしてしまう被害も多いですよね。

実際わたしの地元でも、

動物の被害は多いです。

わたしの実家の畑も

よくイノシシに荒らされて、

じゃがいも畑がほぼ全滅。。。。。

なんてこともありました(泣)

こんな経験もあって、

山にいる動物って駆除される対象になってもしょうがない。という考えを

持っていたんです。

でも、カナダに来てウィスラーを訪れた時に、

始めてなまでクマを見た時に、

ウィスラー在住のちづるさんにこんなお話を聞きました。

↓ちづるさんからうかがった、カナダの出産・子育てについての

実体験も興味深かった!

www.maki-bit.com

『ウィスラーでは、

クマが食料を求めて人の住むエリアに降りてこなくてすむように、

山にベリーを植えてるんだよ〜。』

それを聞いた時、

・・・えええーーーー!って、驚いたと同時に

すごく感動したんですよ。

なぜかって、

だってそれまでわたしの中で

”駆除する対象だった動物”

煙たがらなくてすむ、解決方法だったからです。

そして、この方法の良いところは、

人間にも動物にも利益がある、

winwinの考えですよね。

動物は山に十分が食料があれば、

人間のいる畑を荒らす必要はないし、

人間もじぶんの住むエリアを荒らされることもなくなる。

お互いにハッピー♡

つまり、「人間と動物との共存」への一歩なんだと。

そのために、じぶんたちの税金が使われるなら、

納得の納税だな〜と思ったわけです。

 まとめ

f:id:maki-journey:20170630122826j:plain

動物との関わり方の違いについては、カナダで生活していると、

日本と違うな〜って思うことも多いです。

ペットとして身近な犬も

カナダでは動物を守るためにペットショップでの販売は法律で禁止されているので、

ブリーダーさんから直接購入するという形が一般的です。

もちろん、クマなど大型な動物は時にとても凶暴で恐ろしいんですが、

100%駆除するという意識でいると、相手も人間を警戒して

より凶暴になるのでは?と思ってしまいます。

ウィスラーでクマを目にすることはそこまで珍しくなく、

危害さえ加えなければ、彼らはエサをゲットした後は

自然と山に帰っていきます。

なので、人間も少し遠目から写真を撮ったりする程度で

追い払うとか変に怖がったりしないので、

クマもストレスなく?人間に手を出したりしないのではないかな〜と

個人的には思います。

個人的には、

できれば殺されずにすむ命は少ない方が良いので、

このウィスラー地域の考えには共感します。

いや〜、

でもこんなに身近にクマに遭遇するなんて、

カナダにきた時は思いもしなかったです。

冬眠から覚めて、彼らも元気ですね。

カナダの夏、まだまだ楽しみますー♪

https://www.instagram.com/p/BV1UaL8B5W6/

↓ ポチッと応援のワンクリックをしてくれたら嬉しいです(*´ω`*)

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

SPONSORED LINK







▼この記事を各種SNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です