ワーホリ・留学で海外生活をすると太るのか?【原因・理由】

SPONSORED LINK







オーストラリアに続き、ワーホリ二カ国目のカナダに滞在中のマッキー(@maki_nico88)です。

海外生活も2017年7月で丸2年を迎えました。

ワーホリ生活始める前、「ワーホリ行くとみんな太るよー」ってワーホリ経験者の先輩に聞いてたんです。

実際にワーホリ生活の中で周りの日本人のどうだったのか、検証結果を発表します。

 

ワーホリ・留学で海外生活をすると太るのか?

  女性の場合

f:id:maki-journey:20170717032729p:plain

※筆者の私見検証結果

太った=90%

変わらない=10%

痩せた=0%

女性の検証結果

はい、ぶっちゃけ、これまで日本人女性でワーホリ・留学してて海外生活で、”痩せた”っていう方に会ったことがありません(笑)大半の人は体重増えてますね。

体重維持をしている人は一部いますが、元々太らない体質だったり、食事や生活リズムを日本に住んでいるときと変わらないようにコントロールしている人たちでした。

男性の場合

f:id:maki-journey:20170717032814p:plain

※筆者の私見検証結果

太った=60%

変わらない=30%

痩せた=10%

男性の検証結果

男性も基本的には太った人が多いですね。変わらない人も女性よりは多い。痩せたって言ってた人は、海外の食べ物が合わない人や、食費を減らしたいがために食べる量を少くしていた人、あとは筋トレしまくって体をしぼっている人でした。

太る原因・理由

食生活が一番の原因です。

小麦、油、濃い味付けなどが主な理由。

日本と比べると小麦生産国では、小麦の価格ベラボーに安いです。

https://www.instagram.com/p/BTDe5XgB7Bb/

業務用でしょ?ってサイズ感の小麦もスーパーで簡単に手に入りますw

お米も売っているけど、美味しい日本米はかなり割高な一方、お手頃価格のお米は、中国・アメリカ・タイ産など日本人にとってはあまり美味しくないお米ばかりなので、米離れが起こります。

炊飯器もあるのですが、日本製のように圧力でプシュー(伝わりにくい)みたいなのではないので、米の竹具合も微妙。

それに、パンやパスタの方が時短料理できるので、シェアハウスでシェアメイトとキッチン争奪戦をしたくない場合によく食べます。

筆者(マッキー)の場合

https://www.instagram.com/p/BWBeYUHBT27/

とかいうわたしも、太った=90%にもれなく入ってます。

わたしは、日本に住んでいた2年前と比較すると、だいたい3〜4kg増で体重が推移しています。Σ( ̄ε ̄;|||・・・

昨年日本に一時帰国したのですが、1ヶ月半の間に3kg減量しました。

しかも、特に痩せる努力をしなかったにもかかわらず。。。。

日本食を食べ続けただけで、自然と痩せました。

このことから、海外で太る理由は”食生活”だと確信しました!

まとめ

https://www.instagram.com/p/BVtMuDFBtEo/

ワーホリ・留学で海外生活をすると、男女ともに太る傾向にあり、その最大原因は食生活

そのため、どうしても太りたくない人は、食生活を意識して過ごすことが必須条件!

でもせっかく海外にいるんだから、日本では食べられないものをぜひ楽しみたいところ。海外だと周りも太ったことに関して鈍感だから平気だよ〜

一通り欧米の食生活を楽しんだあとは、自然と日本食が恋しくなったりするものですよ。

↓ ポチッと応援のワンクリックをしてくれたら嬉しいです(*´ω`*)

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

SPONSORED LINK







▼この記事を各種SNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です