救急医×起業 中島侑子さんのZoomお茶会に参加

SPONSORED LINK







こんにちは、将来のキャリアに不安いっぱいのアラサー女子マッキー(@maki_nico88)です!

昨夜は中島侑子さんのウェブお茶会に参加しました。

 

中島侑子さんとは?

1982年8月生まれ 東京都あきる野市出身、長野県在住 。大学医学部卒業後、都内で研修医を修了。 その5日後に3年に及ぶ世界一周に出発。 旅をしながら各国の医療現場を訪問。 (ケニアのスラム、インドのシャーマン、ネパールの無医村など多数)

当時書いていたブログ「ユウコの世界一周ブログ」は 各ランキングで1位となり、1万PV / 日のアクセス数を獲得。

帰国後救急救命医として東京、沖縄、長野で勤務。離島医療や救急ヘリにも従事し、災害医療の修練も積む。また、全国各地で写真展や講演会を多数実施。

観光庁の「若旅」(若者へ旅を推進する)プロジェクトに従事。2016年5月に「医者のたまご、世界を転がる」を出版。各種メディアや媒体で執筆活動を展開。自身の妊娠、入院をきっかけに「女性が自由に生きるために必要なこと」を真剣に考え始め2016年9月に信州ベンチャーコンテストにて起業プランを発表。グランプリ、オーディエンス賞を受賞。

3年間の旅の記録を綴った著書も今年出版されています。本のデザインもとても可愛らしい♡

数年前東京に住んでいたときから、一度はお会いしたいと思っていたので、WEBを通してですが、ようやく念願が叶いました〜〜〜!!!

マッキー
友人のフェイスブックにたびたび登場する、この美しすぎる方は誰だろう?

侑子さんの写真をSNSで見かけたことがきっかけで、侑子さんについて調べまくるようになる(笑)

一時期は侑子さんの日常を覗きたいとnoteも購読。(再開熱望)もう今では完全にファンであり、尊敬する女性の一人でもあります。

そんな侑子さんが、なんと、臨月で起業!?もうどこまでもエネルギッシュな方!!!と驚いたのですが、ワーホリ後の着地点を模索しているわたしには

「女性が自由に生きるために必要なこと」のために動き出している侑子さんに、注目しないわけはありません。そんなときに、侑子さんのFBでこのお茶会を知って、すぐさま予約をしました。

ZOOMを利用したウェブお茶会に参加

f:id:maki-journey:20161125181048j:plain

今回は、ZOOMというオンライン会議用のウェブサービスを使用した形式のお茶会で、わたしを含め6名の女性が参加されました。場所は、アメリカ、イギリス、カナダ、日本各地と様さま!

参加メンバーも子育て中の方、自営の方、女医さんや東大出身のリケジョさん、ワーホリ・・etc ととても多彩なメンバーが集まりました。

お茶会なので、途中参加、退室自由で、まったり進行されました。テーマも特に決められているわけではなく、参加者が自由に質問し合う形でした。

各人から主催者の侑子さんへの質問を中心に、旅、起業、今後の活動などをざっくばらんにお話いただきました。ママさんたちは、赤ちゃんの状態によって、少し退席して授乳されていたりとああ、やはり手が離せない時期というのは、24時間体制で赤ちゃんと向き合っているんだな〜ってのがわかりました。

お茶会参加者ご紹介

医師でファイナンシャルプランナー 岡本さん

前回の出産では、非常勤で医師をしていたため、育休・産休が取れず、手当もなく、貯金がどんどん減っていった。
⇨国家資格の医師免許を持っていたとしても、非常勤”という雇用形態では福利厚生が薄い!なんと!

侑子さんがポジティブになるために変えたこととは?
①見た目を変えた、まずは服装から!

黒っぽい服から、パステルカラーに一気にチェンジしたそう。これ、わかる!わたしも、明るい色かつ、自分の肌にマッチする色を選ぶように意識してます。黄色やピンク系の色は得意だけど、黒や濃い青は反対色だからわたしには合わないみたい。身につけるもので顔色も変わって見えるしね。

タレントのベッキーも黒はお葬式以外には身に付けないって言ってた。

 

お寿司職人の旦那さんを持つアメリカ在住 セツさん

職人さんは、言葉では語らない場面がある。例:愛情表現など

面と向かってI love you などはないそうです。でも、ザ、職人さんって感じですよね。海外にいると表現が直接的な方が多いので、逆に際立ちそうです^^

 

恋愛結婚したいがために東大入学 一ノ瀬さん

東大に入った動機が面白すぎる(笑)そして、本当に東大で現在の旦那さまと出会ったそう!この計画性…見習いたい!

そんな一ノ瀬さんの恋愛サロンブログはこちら。

プリクラ世代の功罪|東大リケジョの恋愛考察〜高学歴女子のための恋愛サロン〜

 

イギリス在住 久美子さん

現在はイギリス在住ですが、シンガポールに5年ほど住んだ経験がある久美子さん。子どもには優しいし、多国籍な食べ物も美味しいし、英語が話せなくても日本語だけで旅行も快適にできるなど。年中暑いので、カップルで住むのにはもってこいの場所とのこと。

まとめ

1時間半では足りないくらい、参加者皆さんのお話、キャリアについてもっとお話したかったな〜と思いました!女性の人生って結婚、出産も関わってくるので、男の人以上に時に柔軟に人生の波をウェーブしていくことが必要になってくるんだよね。この機会がなければ、出会うことのできなかった方がたとのご縁に感謝です。

また貴重な機会をくださった侑子さん、ありがとうございました!

侑子さんの著作はこちら。

 

まだまだこれから今後の生き方について模索していく段階だけど、侑子さんのようにトライ&エラーを恐れずに目的と意志を持って進んで行くぞ!

 

 

SPONSORED LINK







▼この記事を各種SNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です