【ビクトリア観光】有名度No1「ブッチャードガーデン」は、やっぱり一度は見といて損はない!

SPONSORED LINK







ビクトリアの旅ログ続きます!

世界一周中の人が、ブログの更新が追っつかない(゚Д゚;)!!

って言ってる意味がわかりました。

旅すると、1日でいろんなとこ行って、写真もバシバシ撮って

ネタが盛りだくさんなんだけど、

ブログに書き起こすってのは、それなりに時間のかかるものなので

自然とタイムラグが出てきちゃうのね。

今回1泊の小旅行なのに、写真は軽く300枚以上あるし

こりゃ、毎日旅しているブロガーさんは大変だわ(笑)

 

ビクトリア観光といえば、

有名度NO1がここ、

『ブッチャートガーデン』

ブッチャートガーデン

所在地:800 Benvenuto Ave, Brentwood Bay, BC V8M 1J8, Canada

開園時間:季節によって違うのでwebページをチェック、年中無休。

入場料:こちらも季節によって変動。webページをチェック!

 

ちなみに、バンクーバーアイランドについて、フェリー乗り場から直接

ここにむかいました!

バンクーバーからビクトリアまでの

アクセス方法は

SUZUさんのブログに懇切丁寧に記載してあるので、

こちらを参考にさせていただきました〜!ありがとうございます!

ビクトリアからバンクーバー(その逆も)行き方|カナダワーホリ暮らし

わたしはもちろん最安ルートでビクトリアに向かいました!

 

Swarrtz Bay Ferry Terminal から直接ブッチャートガーデンに向かうには、

ターミナルを出て、81番バスに乗り換えれば、1本で行けます。

春(5月下旬)のブッチャートガーデンの草木たち

これ、よくガイドブックにも載っている構図ですね!

バンクーバーのクイーンエリザベスパークを思い出させるような作りです。

www.maki-bit.com

ところ狭しと、季節の花で埋め尽くされているガーデン。

入場料約30ドルにはちょっと驚いたけどw

何箇所も次の季節に向けて、膨大な数の苗木を植え替え、水あげ、整備。。。

と手間暇かけてあるだけありますわ。

あー、生命力に溢れてて、最高に綺麗〜( *≧∇≦)!!!

チューリップは最終盤!

でも少しのこってました。

やっぱり春を象徴する大事なお花です(✿´ ` )

メリーゴーランドなんかもなります。

大人も楽ししんでました〜♪

お気に入りになった日本庭園!

庭園の中にさらに、日本庭園エリアもありました。

緑がが本当に青々としてて、

パワースポットのようでした。

なんと、ししおどしもありました〜!

ここカナダでも、

”カコーン”と良い音鳴らしてましたよ。

今の時期は真っ青なエリアですが、

秋には紅葉してそれもまた綺麗だろうな〜。

ルート最後には、

ピンク〜紫色の サイネリアが池を埋め尽くすように咲き誇っていました〜!

サイネリア花言葉

『いつも快活』『喜び』

見ているだけで、機嫌よくいられそう〜^^

園内バリアフリー事情

広い園内はマナーを守れば、犬を連れて見て回れます。

この日もワンチャンも一緒に楽しんでる姿をいっぱい見ました〜!

敷地は広いですが、

一部のエリアを除いて、車椅子、ベビーカーでも見学可能です。

道幅もそこまで狭くないです!

海外では、バリアフリーという言葉は一般的ではなく、

例えば、

“Accessible Route”

車椅子でも通りやすいルート

なんて表現をします。

*おまけ*

園内にたくさん設置されてたゴミ箱にも

お花が植えられていて、どれも可愛かったです。

こういう工夫はどんどん取り入れて欲しい!

https://www.instagram.com/p/BUlbUHpBjBG/

観光アドバイス

”ブッチャートガーデン”、”おすすめ季節”で検索すると、

クリスマス

なんてコメントもありました!

年中無休で季節ごとの草木を植えて、

冬はイルミネーションなど、どの季節も来場者を楽しませてくれる場所です。

いわゆるガーデンオフシーズンは、入場料をちょっとお得にしたりと調整しているよう。

季節を狙っていける人はじぶんの好きな季節に!

観光日程が限られている人はぜひ、その時にしか見られない

草木の様子を楽しんでみてください〜!

でも。。。。

この時期いける人は行ってみて(5〜6月)!!(笑)

だって、暑すぎない気候で、緑が最高にキラキラして超気持ちいいから♡←


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(カナダ)へ
にほんブログ村

SPONSORED LINK







▼この記事を各種SNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です